COMPANY

COMPANY PROFILE
HISTORY

COMPANY PROFILE

会社名 株式会社ホットファクトリー
創立 2002年10月
代表者 代表取締役 早田 泰三
取締役 粟津孝博・福岡秀一・山下太郎・藤井純一
資本金 10,000,000円
従業員数 75名
グループ会社 株式会社スポーツマーケティングラボラトリー
所在地

大阪本社オフィス [access] 〒550-0003 大阪市西区京町堀1-12-1 ユニバーサルビル TEL:06-6445-7090 FAX:06-6445-7091

東京オフィス [access] 〒105-0011 東京都港区芝公園2丁目3番3号 寺田ビル6階 TEL:03-5404-5624 FAX:03-5404-5625

札幌オフィス [access] 〒060-0032 札幌市中央区北2条東1丁目2-2 プラチナ札幌ビル7階 TEL:011-206-0150 FAX:011-206-0151

事業案内

インターネットホームページの企画、立案、制作、及びメンテナンス業務、Webシステムの開発・構築、インターネットに関するコンサルティング業務、通信販売等の事務局運営及びコールセンター業務、広告代理業、レンタルサーバサービスの提供、飲食事業 等

主要取引先様
(敬称略)

【野球関連】
NPBエンタープライズ、パシフィックリーグマーケティング、北海道日本ハムファイターズ、オリックス野球クラブ、楽天野球団、横浜DeNAベイスターズ、福岡ソフトバンクホークス、他

【サッカー関連】
日本サッカー協会、セレッソ大阪、横浜Fマリノス、名古屋グランパスエイト、コンサドーレ札幌、清水エスパルス、他

【その他スポーツ】
B.MARKETING、横浜体育協会、排球堂マーケティング 他

【関連企業】
チケットぴあ、CNプレイガイド、読売新聞社、大阪シティードーム、47Brands 他

【一般企業】
KDDI、松竹芸能、ホットランド(築地銀だこ)、DeNA、日本経済社、GMOペイメントゲートウェイ 他

取引銀行 三井住友銀行・商工中金・近畿大阪銀行・紀陽銀行・百十四銀行 他
顧問弁護士 STORIA法律事務所
許認可届出 電気通信事業者届出番号 E-44-2086
プライバシーマーク 登録番号:20000760

ORGANIZATION

HISTORY

2000

個人事業としてホットファクトリーを神戸市にて起業

2002

06月:大阪市福島区海老江に大阪オフィス開設 10月:資本金300万円にて有限会社設立 12月:一般第二種電気通信事業届出番号取得 E-14-2086

2003

07月:大阪市福島区吉野に大阪本社移転

2004

10月:GMOペイメントゲートウェイ社との業務開始

2005

02月:資本金を1,000万円とし株式会社へ組織変更

2006

01月:東京都港区東麻布に東京オフィス開設 03月:3キャリア対応モバイルサイトの運営開始

2007

01月:顧客管理(ファンクラブ管理)システムの本格稼働開始 05月:大阪本社を大阪市西区の現住所地へ移転 06月:札幌市豊平区に札幌オフィス開設

2008

01月:パシフィックリーグマーケティング社とパートナー契約締結
01月:6球団統一プラットフォームプロジェクトへの参画
09月:KDDI社と新ケータイビジネスの共同事業開始

2009

01月:プライバシーマーク取得 認定番号:20000760 (01) 号 07月:株式会社スポーツマーケティングラボラトリー設立

2010

02月:東京オフィスを東京都港区青山へ移転

2011

09月:株式会社磯貝製作所 設立

2012

02月:東京オフィスを東京都港区芝公園の現住所地へ移転 03月:札幌オフィスを札幌市豊平区の現住所地へ移転

2013

02月:ぴあ社との協業にて個席選択式チケット販売サイトを開設 04月:飲食事業部発足 磯貝&しらすくじら 大阪店事業開始

2014

02月:Jリーグ全クラブのチケット販売サイト(Jチケ)稼働

2015

06月:飲食事業部 イタリア食材の直輸入事業開始

2016

09月:B.LEAGUE 全クラブ統一プラットフォーム構築

2017

01月:北海道日本ハムファイターズ
01月:現行ポイント管理システム稼働開始
03月:データマネジメントプラットフォーム稼働 11月:飲食事業部 マンマパルマ 大阪福島店事業開始

2018

09月:札幌オフィスを札幌市中央区の現住所地へ移転 12月:大阪本社を大阪市西区の現住所地へ移転

GROUP COMPANY

株式会社スポーツマーケティングラボラトリー(スポラボ)は、スポーツをより楽しく、そして、より継続的に楽しめる環境作りを提案し、スポーツの裾野の拡大に寄与することで、豊かなスポーツライフを実現することを目的とした提案を致します。